尿酸値 下げる サプリ

痛風を予防するためには

足の痛み痛風を予防するためのサプリメントを探していますか?

 

痛風を予防するためには、尿酸値を下げなければいけません。

 

なぜなら、関節内に蓄積した尿酸塩の結晶が、痛風発作の原因なのだからです。

 

つまりサプリメントで尿酸値を下げることができれば、痛風の心配はなくなります。

 

サプリメントも正しく選べば、痛風を予防する効果は十分に期待できます。

 

というのは、実は私も尿酸値が高くて、昨年ついに痛風発作を経験してしまったのです。

 

発症は左足親指付け根で、あまりの痛さに骨折かと思って救急病院に直行し、そこで痛風と診断されました。

 

知り合いからは「尿酸値を下げる薬は一生飲み続けないといけない」という話を聞いて、絶望的な気持ちになりました。

 

でも今のところ、サプリメントだけで尿酸値を下げることができています。

 

尿酸値が下がった証拠

 

 

ではどんなサプリメントを飲めばいいのでしょうか。

 

そこで当サイトでは、良く売れているという主要なサプリメント7製品を比較してみました。

 

そして分かったことは、痛風を予防するサプリを選ぶのは、意外と簡単だったという事です。

 

ちなみに私が飲んでいるサプリメントは↓です。

 

痛風予防サプリメント7選

当サイトで調べた痛風予防サプリメントは次の7製品です。

メーカー名 品 名 サプリ外観
DHC アンセリン DHCアンセリン
日清ファルマ 尿酸値が気になる方のアンセリン 尿酸値が気になる方のアンセリン
富士フィルム アンセリン 富士フィルムアンセリン
SIKI株式会社 PN-0 PN-0
健康美館 アンセリンの力 健康美館アンセリンの力
AIGエム アンセリン100プリン体バスター アンセリン100 プリン体バスター
野口医学研究所 アンセリン 野口研究所アンセリン

 

DHCなど大手メーカー品や、ネットの口コミで高評価だったサプリなどを全て集めてみました。

 

ここで製品名を見て「アンセリンって何?」と思った人もいると思います。

 

痛風を予防する「アンセリン」の効果とは

痛風を予防するサプリを選ぶときには、アンセリンの量を比較しなければなりません。

 

なぜなら、最新の研究によってアンセリンがヒトの尿酸値を下げることが確認されているからです。

 

アンセリンの痛風予防効果に対する最初の研究発表は2009年でした。

 

初期の研究では1日当たり50mgの摂取で尿酸値を下げる効果が認められたと発表されています。

 

さらにその後の研究により、現在は1日当たり500gがアンセリンの摂取推奨値になっています。

 

アンセリンには、体の中でプリン体から尿酸が作られるのを抑制する働きがあると証明されています。

 

この研究結果を受けて、各メーカーから次々とサプリメントが発売されました。

 

そこで当サイトでは、現在販売されている痛風予防サプリを、アンセリンの配合量に着目して比較ランキングにしました。

 

 

 

痛風予防サプリメント7製品の有効成分量ランキング

SIKI株式会社【PN-0】の特徴
最新の研究に基づいてアンセリンを一日分に500mg配合しているのは「PN-0」だけでした。 アンセリン以外にも、痛風の予防に良いとされる成分が充実しています。
アンセリン量 500mg
その他成分 チキンエキス、DHA,EPA、大豆サポニン、葉酸、キャッツクロー、西洋サンザシ、田七人参、高麗人参、ノコギリヤシ、クエン酸
標準価格 6,578円(税込)

アンセリン100

AIGエム【アンセリン100プリン体バスター】の特徴
アンセリン配合量は100mgと【PN-0】についで2位でした。
アンセリン量 100mg
その他成分 クエン酸
標準価格 7,797円(税込)

アンセリン100

DHC【アンセリン】の特徴
有効成分はアンセリンのみですが、一日分に60mg配合されています。
アンセリン量 60mg
その他成分
標準価格 1,899円(税込)

アンセリンの力

健康美館【アンセリンの力】の特徴
追加配合成分も充実しています。
アンセリン量 54mg
その他成分 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、L-シトルリン、クエン酸
標準価格 2,581円(税込)

尿酸値が気になる方のアンセリン

日新ファルマ【尿酸値が気になる方のアンセリン】の特徴
機能性表示食品として認められているサプリです。
アンセリン量 50mg
その他成分 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸
標準価格 4,070円(税別)

尿酸値が気になる方のアンセリン

野口医学研究所【アンセリン】の特徴
アンセリンに加え、ビタミンC、葉酸を配合したサプリメントです。
アンセリン量 50mg
その他成分 ビタミンC、葉酸、クエン酸
標準価格 2,064円(税込)

アンセリンの力

FUJIFILM【アンセリン】の特徴
有効成分はアンセリンのみですが、機能性表示食品として認められています。
アンセリン量 50mg
その他成分
標準価格 3,456円(税込)

 

当サイトが調べたサプリの中で、痛風を予防する有効成分「アンセリン」の配合量が突出していたのが『PN-0』でした。

 

※アンセリン配合量はサプリ1日分摂取量に対するアンセリン配合量です。
※上記データは2020年3月当サイト調べです。

 

2009年の当初の研究では、1日摂取量は50mgだったので、50mgを基準に配合しているサプリが多いみたいですね。

 

今回調べでは、最新の摂取推奨量と同じ500mg配合していたのは【PN-0】だけでした。

 

それにしても、サプリによってここまで配合量に差があるというのは驚きでした。

 

 

 

痛風予防サプリメント7製品のコスパランキング

コスパ比較のため、アンセリン10mgあたりの金額を計算してみました。

順位 製品名

アンセリン
配合量

価格
(税込)

アンセリン
10mgあたりの価格

第1位

SIKI株式会社
【PN-0(ピーエヌゼロ)】

500mg 6,578円 131円
第2位

DHC
【アンセリン】

60mg 1,899円 317円
第3位

野口医学研究所
【アンセリン】

50mg 2,064円 413円
4位

健康美館
【アンセリンの力】

54mg 2,581円 478円
5位

FUJIFILM
【アンセリン】

50mg 3,456円 691円
6位

AIGエム
【アンセリン100プリン体バスター】

100mg 7,797円 780円
7位

日新ファルマ
【尿酸値が気になる方のアンセリン】

50mg 4,070円 814円

今回調べた7製品の中で、コスパが一番良かったのもPN-0(ピーエヌゼロ)でした。

 

ランキング1位の「PN-0」の通販情報

【PN-0】はコスパもよかったとはいえ、1ヶ月分の通常価格が税込で6,578円。

 

ちょっと高すぎるようですが、じつは購入方法によってはかなりお安く購入できます。

 

最も安いのは公式サイトからの定期購入で5,280円(税込)

 

ただし初回のみ2,640円買う事ができきます。

 

期購入といっても、初回のみで中止できるので、とりあえず1箱袋1ヶ月分だけ試してみるのもありですね。

 

 

 

尿酸値が高いと言われたら痛くなくてもすぐサプリ

痛風で痛がる男性痛風の痛さは経験者なら分かりますよね。

 

我慢しながら仕事やをしたり日常生活を送ったりなんてとてもできません。

 

そして痛風の本当の恐ろしさは、尿酸値の上昇で腎臓障害など多種多様な合併症にもあります。

 

慢性化してしまうと、尿酸値を下げる薬を飲まないといけなくなります。

 

しかしこの薬は飲むのをやめるとすぐに尿酸値は元に戻ってしまうので「死ぬまで薬を飲み続ける」という事にもなりかねません。

 

そうなる前に一刻も早くサプリメントで尿酸値を下げることをやってみてください。

 

痛風になったけど今は症状が落ち着いているという方も、サプリメントで体質改善をするチャンスです。

 

プリン体なんて怖くない

尿酸値をあげるビール
尿酸値を下げるサプリを飲み始めてからは、痛風の症状や発作は出ていません。

 

一応ビールなんかはプリン体OFFの製品を選んで飲んでいます。

 

それでもプリン体を徹底的に避けるのは難しいですね。

 

尿酸値をあげるカツオのたたきなぜなら、私は意志が弱い人間だからです。(^^;

 

それに、なぜか体に悪いものほど美味しいですよね。(笑)

 

ストレスも尿酸値をあげる一因になるので、無理な我慢はしません。

 

痛風を予防することも大切ですが、毎日を楽しく過ごすことも大切ですからね。

 

今のところ、できる範囲の食事制限と痛風予防サプリ【PN-0】のおかげで、痛風の発作はおきていません。

 

そして先日、人間ドックの結果通知が届きました。

 

その結果
尿酸値の検査結果
尿酸値は何とか基準値まで下がりました!

 

これでひとまず一安心。

 

今後もサプリメントは続けながら食事にも一応気を配って痛風を予防していきたいと思います。

 

あとは・・・コレステロール値と血糖値を下げるサプリも探さないといけませんね(^^;)

 


 

page top